警告する猫

【警告!】
英語を部下に丸投げな40歳のあなたは、今から【5千万円以上】損します!

あなたは、

自分は英語できないけど、部下が英語できるし、
自分がやらなくてもいいや…

なんて思っていませんか?

あなたの年収が低いのはその考えが原因です。

このままでもいいか…

というあなたは、読まずに引き返してくださいね。

年間200万円以上、生涯で5000万~7000万の損失

崩れるお金

外資系求人サイトdaijobで、
2014年3月から5月の間に企業からスカウトを受けた日本人3,136人の年収について調査が行われました。

この調査によると、
ビジネス会話以上の英語力がある人と、
日常会話以下の英語力しかない人では、
40代以降から、年収差が200万円以上となることが判明しました。
特に50代の女性ほど、年収差が500万と大きいです。

性別 年代  年収差 
 男性 40代約200万
 男性 50代約300万
女性40代約200万
女性50代約300万

(引用:https://hrclub.daijob.com/hrclub/pdf/news0918.pdf)

40代のあなたが、これから20年働くと仮定すると、
男性で5000万・女性で7000万もの損失となります。
 

平均年収が1000万を超える条件

お金持ちの猫
AllangeによるPixabayからの画像

転職サイトを運営するビズリーチは、
2013年6月に年収750万円以上の
ビジネスパーソン11万人の英語力を調査しました。

この調査でも、年齢の高い人ほど、英語レベルによって年収に差が出ることが判明しました。

 英語力のレベル  平均年収 
ネイティブ1354万円
ビジネス1174万円
日常会話1037万円
基礎会話1003万円
英語を話さない976万円
英語力別に平均年収を表したグラフ
英語力別の平均年収

(引用:https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/1307/18/news068.html)

こちらの結果でも、
英語力がビジネスレベルの人と、
英語を話さない人では
平均年収に200万円近く差が出ることが判明しました。

さらに基礎会話レベルであっても英語を話せる人は平均年収が1000万を超えることも分かりました。

そして、日常会話レベル以上の人が、ビズリーチで転職を成功させた人の約8割を占めているようです。
英語が話せることは転職にも有利に働くようです。

もし、あなたが新しい分野にチャレンジしたいと考えているのなら、
より給与の高いお仕事・良い待遇を受けられるチャンスです。
 

英語を学んだら年収アップ・仕事の選択肢が増える

パソコンで仕事をする人
PexelsによるPixabayからの画像

また、英語を学んだことで年収がアップした・仕事の選択肢が増えたという人の割合を調べてみました。

業種によってばらつきが大きいですが、
平均で3人に1人は年収がアップし、
4人に3人は仕事の選択肢が増えました
つまり、より広い分野であなたの能力を活かすことができます。

(引用:https://hrclub.daijob.com/report/3492/)
 

まとめ

Oberholster VenitaによるPixabayからの画像
  • 英語ができないと年間200万円以上
    生涯で5000万~7000万の損失があること。
  • 英語ができる人は平均年収が1000万を超えること。
  • 英語を学んだことで給料アップ・仕事の幅が広がること。
  • 日常会話レベル以上の英語は転職にも有利だということ。

英語はすぐに身に付くものではありません。
ここまで読んで頂いたあなたならすぐにでも対策をする必要があるのが、お分かりかと思います。

一度しかない人生です。
英語ができないだけで、あなただけしかない能力・才能を無駄にしてしまうのは、とてももったいないことだと思います。
今すぐ、対策をしましょう。

危険性は分かったけど、なんでそんなに重要…?

というあなたには、こちらの記事で詳しく説明しますね。
  

自分にはこの教材↓がぴったりでした。

1000時間ヒアリングマラソン

コメント

タイトルとURLをコピーしました