あんなに英語を頑張ったあなたが、なぜ英語ができないのか

なぜ日本人は、こんなにも英語が聞き取れず、発音できないのでしょう?
あなたは答えを知っていますか?

答えは

  1. 学校教育で勉強した英語では実践不足
  2. 日本語と英語は相性が最悪
  3. 教科書の表現が実用的でない
  4. チャンク・リンキングを教わってない
  5. 日本語はアクセントをあまり意識しない
  6. 積極的に会話できない

です。

英語学習の前に、これら日本人特有の弱点の詳細を知りたくありませんか?

その後であなたに合う効果的な使い方を考えていきましょう。

実際にヒアリングマラソンを用いた具体的な勉強法は、この記事にまとめてあります。
 

 

理由1 学校教育で勉強した英語では実践不足

英語を教える先生

大多数の日本人は中学・高校で6年間も英語を学習する機会があります。

でも思い返してみて下さい。
単語や文法ばかりの授業がメインではありませんでしたか?

英語を聞いたり、会話したり、といった時間はとても少なかったですよね。
テストもほとんど単語・文法・長文から出題されています。

つまり学校で英語を勉強する目的がコミュニケーションのためじゃないのです。
学校の授業しか受けていないとすると、話す練習をほとんどしていないのが問題なのです。

話せないのはあなたが悪いわけではないのです。
単語・文法に偏りすぎた教育による実践不足が原因です。

練習をしていない他言語を仕事でいきなり話せと言われても無理というものです。
 

理由2 日本語と英語は相性最悪…

日本語と英語は成立した地域が遠いこともあり、
基本とする考え方があまりにも違いすぎるため、相性が最悪なのです。
どのような面が違うのか挙げてみます。
 

主語

まず日本語は主語が良く省略されます。
会話の流れから読み取っているので、なくても大丈夫なのです。
また日本人は自己主張が弱いのも理由なのかもしれません。

それに対して英語はきっちり主語があります。
文法は全て主語( S )から始まります。
時間・天気といった主語がなさそうなものであってもItが主語となるほどです。
 

物の数

日本語は会話の流れで分かる時、数をわざわざ言いません。
「その消しゴム貸して」「お水下さい」で伝わります。

一方、英語は数えられるのか、数えられないのか、単数なのか、複数なのかがきっちりしてます。
たとえ数えられなかろうが、カップ1杯の水などと無理やり数えます。
 

特定のThe

それから日本語には特定の物・人などの考え方がありません。

一方、英語ではThe penとa penは別物です。
会話の流れでどのペンか分かるもの(The pen)なのか、どれでもいいペン(a pen)なのかを区別します。

そして中学で習った、世界に一つしかない物につけるThe EarthなどのTheです。
Theって必要ある?って思いませんでしたか?

このように考え方の文化が違いすぎて、
日本語と英語は相性が良くないのです。
だから英語は習得が難しいのです。
 

理由3 教科書の表現が実用的でない

skeezeによるPixabayからの画像

中高を通して文法などの知識は付きますが、
教科書の表現は、丁寧すぎて日常会話で使うものとずれがあります。

日常会話では句動詞(phrasal verbs)という、
「良く使う動詞・前置詞・副詞」のセットがあります。
教科書には、あまり多くは出てこなかった気がします。

ドラマなどで何度聞いても分からない部分が出てくるのはこれだったりします。
つまり教科書だけでは分からない表現で会話しているのです。
 

句動詞(phrasal verbs)とは

良く使う動詞と、前置詞や副詞をセットで一つの動詞の様に使います。
代表的な動詞は、come, get, make, put ,takeなど。
使われている動詞が本来持たない意味を表したりもします。

  • look for ~を探す
  • take after ~に似ている
  • go on 続く
  • stand out 目立つ

 

理由4 チャンク・リンキングを教わってない

英語で話す人たち
Gerd AltmannによるPixabayからの画像

チャンクやリンキングといった、
自然な英語に聞こえるのに必要な話し方を、学校で教えてもらっていません。
だから意識して話せず、相手に伝わらないのです。
英語はつなげて発音しないとネイティブの人には聞き取りにくくなります。

そして発音できないものは聞き取れないと言われています。
これは英語をカタカナでとらえてしまっているのが原因です。

日本語は全ての音をきちんと発音します。
一方英語は大事な部分が強く発音されます。
カタカナで考えていると発音の仕方が全く身に付きません。
日本語と話し方が違うと知らないと発音できないし、聞き取れないですよね。
 

チャンク

チャンクは「意味のある単語のまとまり」で、2語~8語程度のフレーズです。
これを単語ごとに区切って発音すると英語に聞こえません。
チャンクはまとめて発音します。

  • want to→ wanna ~したい
  • (be)going to→ gonna ~するつもりです

 

リンキング

リンキングは単語の終わりと、次の単語の音とつなげて発音することです。
英語を話すとき、区切るといけない部分があります。
句動詞・チャンクを意識し、リンキングしないと不自然に聞こえるのです。

英語の文章でスペースがあるのはあくまで読みやすさのため。
発音するときはスペースを消してみると言いやすいです。

  • kind of→ kindof→ カインダブ
  • check up→ checkup→ チェッカップ
  • keep on→ keepon→ キーポン
  • look in→ lookin→ ルッキン

 

理由5 日本語はアクセントをあまり意識しない

辞書
PDPicsによるPixabayからの画像

日本語は抑揚の少ない言語です。
一方英語は強弱を付ける必要があります。
ですが、それを理解していません。

弱くていい部分を気にして考えてしまい、言葉にできません。
一番言いたい単語を強く発音して、分からない部分は弱くごまかしてもいいので、会話を続けてしまいましょう。
 

理由6 積極的に会話できない

英語圏の方とのコミュニケーションが上手くいかない

最大の弱点は実践不足がたたって自信がないことです。
自信がないから、恥ずかしく思ってしまい機会があっても会話をすることができないのです。

日本人の性格的に自己主張が弱い傾向にあります。
そのため、ますます悪循環に陥ってしまいます。
 

終わりに

Mystic Art DesignによるPixabayからの画像

以上6個の理由を見てきました。
これらの理由を知ることで、自分がどのように対策をしていくべきか見えてきたことでしょう。
実際にヒアリングマラソンを用いた具体的な勉強法は、この記事にまとめてあります。
 


ヒアリングマラソンはこちらから公式サイトへ行けます。

1000時間ヒアリングマラソン

コメント

タイトルとURLをコピーしました